FC2ブログ

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

明兔

クリックするとオシャベリします♪


☆ 重くなってきたので犬斗は元のブログへ戻しました

メロリン

クリックすると何かします☆w

ブログ内検索

お勧めサイト

・わたしの本棚見てみて~



・ハート・ディフェンス
なぜそんな所を利用するの?
どういう所か分かっているの?

ブログで掲示板で、悪質嫌がらせに遭ったら、ここに情報があるよ!
(画像をクリックしてジャンプ!)


・素材屋さん


参加サイト

もちろんランキングに繋がってるわけ
テヘ^-^;
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 ブログブログ ブログパーツへ

植樹に貢献?




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファンきどり♪


芥川龍之介の横顔:

子ども時代からの愛読書:「西遊記」
お酒:呑めない
好物:おしるこ
好きな季節:冬

これから増やしていきたいです~ ^-^


ところで、昨夜、いいものを読みました。
菊池寛の書いた「芥川の事ども」→青空文庫

龍之介にとって、菊池寛は兄貴のような存在だったそうで、どんな人だろうと青空文庫を眺めていたら見つけました。

これを読んで、よく分かった気がします。どうして龍之介が自ら命を絶ってしまったのか。やっぱり太宰とはぜんぜん違う。チェット・ベイカーがどんな人だったかを知った時と、同じような気分です。。。



(※ かわいらしい門松の写真と、画面右上に今日から付けさせてもらった白梅は、素材屋さん「あんずいろ」さまからお借りしました♪)
スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)
 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
 芥川の文章の中で印象に残っているといえば「文芸鑑賞講座」の中の一節なんですが、
「人生は生命を銭のかわりに払う珈琲店と同じでありますから、いろいろのものが味わえればそれに越した幸福はありません」
というものです。
 文章自体はなんと言うことは無いんですが、こういうことを言う人か、と思いました。
 自殺した作家と言うくくりが先入観として作品のイメージを限定してしまうのかもしれません。
  • PrettyYoungThing#eqDXL9JI
  • URL
  • 2008.01.01(Tue)
  • Edit
おめでとうございます。
こちらこそ、よろしくお願いします。^-^

龍之介、興味深い人物だと思います。ますますもっと知りたくなりました。
この人、ずっと自殺しそうなこと書いてなかった。なんで、この人が、って感じですよね。

でも、生前から有名になるというのも、また本人にしては、大変な負担になる場合もあるわけですね。そう言えば、と思い出しますけど、そういう人、世の中には他にも、いっぱいいるんでしたねぇ。今さら何を…なことだけど、、、世の中ほんと、図々しくないと生きにくいですから、分からなくはないです。でも、作品が気に入って興味を持った作者が、どんな人だろうと思ったら…あぁ、この人がその人だったか、という感じです。

チェット・ベイカーもそうでした。自殺はしてないけど、、、吹き方や歌声が気に入って、というか、気になって、どういう人かと思ったら、この人が、むかしどこかで耳にした、ジャズに魂を売った人でした。そうそう、ニルバナのカートも。。。問題はそれぞれ違うけど、こっちの受ける側の心境が似てます。^-^;

  • Lou#XOYnkTsA
  • URL
  • 2008.01.02(Wed)
  • Edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。