カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

明兔

クリックするとオシャベリします♪


☆ 重くなってきたので犬斗は元のブログへ戻しました

メロリン

クリックすると何かします☆w

ブログ内検索

お勧めサイト

・わたしの本棚見てみて~



・ハート・ディフェンス
なぜそんな所を利用するの?
どういう所か分かっているの?

ブログで掲示板で、悪質嫌がらせに遭ったら、ここに情報があるよ!
(画像をクリックしてジャンプ!)


・素材屋さん


参加サイト

もちろんランキングに繋がってるわけ
テヘ^-^;
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 ブログブログ ブログパーツへ

植樹に貢献?




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「地獄変」を読んで

怖そうなタイトルだけど、龍之介の代表作の一つということでは読んでみないと、と思って読んでみました。このブログでは、ほんとはもっと楽しいことを書きたいと思っているのだけど、読んでしまったので書きます。


龍之介の語り口は古くさくて、のほほんとしているんだけれど、これは何が怖いかって、(上手く言えるかな…)平素、大物扱いされていい気になったお殿様の犯した取り返しのつかない間違いだと思います。



そして良秀を通して描かれているのは、芸術を極めるためなら何をしても良いと言っているのではなく、芸術を極めようと夢中になったがために何でもしてしまうことは、人間にはあるということだと思います。



(※ここから先は、読んでない方は避けてください。ストーリー書いちゃったから。^-^;)
(追記(アー、ドコニオケバイイノ!):…というか、良秀が絵を描くためとなれば、どんなになんでもする人間だったかを説いたわけでしょうね。龍之介の芸術至上主義が説かれているのだという解説がありましたので、そうなのかもしれないけど、でも芸術のために、人を、それも最愛の我が子を殺すことまで肯定したとは思えないのは当然です。)


だから、良秀は最愛の娘を火にかけられて呆然とするのだし、描き終えて首を吊るのです。燃やされる我が子を見ながら、愕然としながら、それでもすぐに自分の勤めを思い出して、人々をうならせる絵を仕上げたことで、わずかながら我が子の死に報いるために出来るたったひとつのことを良秀は果たしたのです。良秀は嫌われ者だったけれど、大殿様が権力をかざして犯した罪ほど大きな罪は犯してない。


もとの「宇治拾遺物語」では、燃やされるのは、良秀の娘ではないそうで、龍之介の「地獄変」で描かれる方が異常性が強いそうです。

でも龍之介は、大殿様が自分のしでかした間違いに気づいて愕然とした様子も描いてる。登場人物がみんな、ありえる人間として描かれているし、すべてがあり得る出来事として納得できるようとても丁寧に注意を払って書いてあるし、事情がそろえば野蛮な出来事がどんなに簡単に起こりえてしまうか…そんな、人間の恐ろしさを描こうと龍之介は思ったんじゃないのかな…。


大殿様について、(特に導入部分で)どこまでも褒める形となっているのも、大殿様に仕えた者の目から見たこととして語られているのだから、無理がない自然ななりゆき。

でも、こうして大殿様を褒めたたえておくことで、読者がどうこの話を受け取るか、もしかして龍之介は、その反響を見るのを楽しみにしていたんだったりして…。

世の中って、こういう目くらましが多いよね。。。



そうだ、そのためにも龍之介は、この評判の良い大殿様と対比させるために、良秀を醜悪な嫌われ者に仕上げる必要があったんじゃないかな。。。

スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)
うーん。なんだかストーリーが見えてきたら読みたくなってしまいました。
その描かれ方が読みたいというか。
でも買いたいと思うほどではないんだよねぇ
  • 太陽ピカピカ#Qi8cNrCA
  • URL
  • 2007.12.30(Sun)
  • Edit
龍之介だから、怖いと言っても、スリラーではなかったけど、もっと現実味がある怖さでした~。

わたしもこれは、青空文庫で読んだの。青空文庫ってルビも同じ大きさで並んでて見にくいし、PCの画面で読むのには、ちょっとしんどい長さあるけど、良かったら見てみて。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/60_15129.html
  • Lou#XOYnkTsA
  • URL
  • 2007.12.31(Mon)
  • Edit
URLありがとー。時間がある時に見てみるねー。
無料で見れるなんてラッキー☆
  • 太陽ピカピカ#Qi8cNrCA
  • URL
  • 2008.01.03(Thu)
  • Edit
ぃぇぃぇどういたしまして。^-^
青空文庫は、古いのばっかりだけど、でも無料でネットで気楽に読めて、ホント便利です♪
  • Lou#XOYnkTsA
  • URL
  • 2008.01.03(Thu)
  • Edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。