FC2ブログ

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

明兔

クリックするとオシャベリします♪


☆ 重くなってきたので犬斗は元のブログへ戻しました

メロリン

クリックすると何かします☆w

ブログ内検索

お勧めサイト

・わたしの本棚見てみて~



・ハート・ディフェンス
なぜそんな所を利用するの?
どういう所か分かっているの?

ブログで掲示板で、悪質嫌がらせに遭ったら、ここに情報があるよ!
(画像をクリックしてジャンプ!)


・素材屋さん


参加サイト

もちろんランキングに繋がってるわけ
テヘ^-^;
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 ブログブログ ブログパーツへ

植樹に貢献?




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れられていく何か大切なもの

一緒に住んでいたわけではないので、おばあちゃん子と言われるほどではなかったけれど、わたしは幼い頃、父方の祖母になついていて、週末に両親に連れられて遊びに行くと、そのままひとりで泊まらせてもらうこともあった。

とにかく、わたしの目には祖母は、それはそれはいつも優しくて、人の好いおばあちゃんだった。

父の転勤で引っ越してからは、遠くなってしまったので、しばらくめったに会わなくなっていた。やがて高校生になり、受験のため上京したときには、迷うことなく、祖父母の家に泊まらせてもらった。そのころは、祖父母も引っ越しをしていて前の家ではなく、古くてちいさな長屋だったけれど、大好きなおばあちゃんと一緒にいられるのは嬉しかった。

おじいちゃんもいつも笑顔を絶やさない人で、ただおばあちゃんほど、孫たちと話をすることはなかったけれど、いつだったか、おばあちゃんのいる前で、話していた。この人は学校へ行ってないんですよ。字が読めないんですよ。なんて言ってたと思った。

あの頃、すでに老人たちは、自分たちの古い知識や考え方は、もう役に立たないんだと思い込まされていた。控えめで、もてなし上手だった。

短大へ通っていた頃、祖父母の家は2、3時間で行けるところだったから、ある週末、思い立って遊びに行くね、と電話をしたら、おばあちゃんは、さも珍しいことのようにちょっと驚いて半分笑いながら、そんなことしなくていいのにと言った。わたしはもっとおばあちゃんの話を聞いておけば良かったと思ってる。
スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)
うちの母親が変わった人で自分の親も夫の親の面倒も見たくないという人だったので、私が小さい頃から親戚ほとんどが福岡にいるのに、母親は父親により遠い地への転勤を願って私は小学生から宮城に住んでました。
祖父母に最後に会ったのは中学1年の時、福岡に引っ越してきた2年前にはおじいちゃんはもう死んでたし、なんだか顔向けできなくて親戚に会ってもいない。
なんだかもう赤の他人のような感じになってしまって。
  • 太陽ピカピカ#Qi8cNrCA
  • URL
  • 2007.12.30(Sun)
  • Edit
わたしも長らく親戚と何のつきあいもないです。苦境にあるときって、なんだか申し訳なくて誰ともつきあえなくなる。。。
  • Lou#XOYnkTsA
  • URL
  • 2007.12.31(Mon)
  • Edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。