カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

明兔

クリックするとオシャベリします♪


☆ 重くなってきたので犬斗は元のブログへ戻しました

メロリン

クリックすると何かします☆w

ブログ内検索

お勧めサイト

・わたしの本棚見てみて~



・ハート・ディフェンス
なぜそんな所を利用するの?
どういう所か分かっているの?

ブログで掲示板で、悪質嫌がらせに遭ったら、ここに情報があるよ!
(画像をクリックしてジャンプ!)


・素材屋さん


参加サイト

もちろんランキングに繋がってるわけ
テヘ^-^;
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 ブログブログ ブログパーツへ

植樹に貢献?




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うっすら緑色

名も知らぬ近所の街路樹を、再び、撮ってきました。

arguello_tree4.jpg

うっすら緑がかってる部分があるの、今度は分かるでしょ。
この大木にして、枝の細さと本数の多さ、もじゃもじゃですね。w

同じ通りのほかの樹も同じ樹だと思うんですが、
樹によってはもっと緑が出ていて、

arguello_tree3.jpg

この樹が一番かな。背丈はずっと小さいですけどね。
近寄ってよく見ると、こんなに新芽がもっこもっこ吹き出していて、
まるで花のようです。花なんでしょうか?

arguello_tree5.jpg

これが散っていけば、花ですよね?
これから注視してみたいと思います。
スポンサーサイト

冬枯れの木も少し緑が差してきた

arguellotree4.jpg

すでに芝は青々してますが、w
この木はまだ、やっとようやくうっすら緑がかってきたところです。(写真じゃ分からないですね)

まだ名前も知らない木ですが、大好きな並木道です。

去年だったか、もうおととしになるんだったか、
水不足で、街中の緑が元気のない年があって、そのせいなのか、老木なのか、強風に大きな枝が折られたり…、なんだか心配になります。


ごつごつとした幹と、髪の毛のように細い枝と、葉のないこんな姿も好きだし、春になれば、細かい葉がうっそうと茂って、大木だけど優しい感じがします。これ↓は古い写真ですけど。
streetsidetrees.jpg


だれか名前を教えてくれる人、どこかにいないかなぁ…。

arguellotree1.jpg arguellotree2.jpg


梅?も満開を過ぎ…

今週は雨がちです。
買い物に出かけている間はやんでいてくれました。
neighbor_ume.jpg
近所にこんないいところがあって、でももう満開も過ぎて、
今週の雨で散ってしまうのかも。

梅が咲きだした

きのうの朝、近所を歩いていたら、
梅の花が咲き出した木が一本ありました♪
ume2.jpg
向こうの建物はチャペルかな。良さげなお家の並んでいるところですが、そのなかに一緒に並んでる小さな教会。
ほらほら、これ、梅でしょ?
ume.jpg

野ぼたん

近年、ずっとこの花が気になっていたのです。
近所にあちこちで満開に咲いていて、…人気なのかなぁ…
紫の色が、発光してるように目について、それでけっこう長い間いつまでも満開なんですよね。
「野ぼたん」って言うんですね。
英語では“Glory Bush”だそうです。
うん、満開の感じは、栄光を感じさせるかも。色がね、濃い紫がすごく印象的。
glorybush.jpg
今朝、早起きしたんで、ちょっと散歩がてら、近所で咲いてるところへ行って、一枚撮らせてもらってきました♪

嵐の一休み

夕方5時前。
早朝から騒がしく暴れていた雨と風は、今、やんでます。
お疲れの様子でセピア色な感じ。
西のほうの雲が摩滅してるのかも。
これが精一杯の明るさという感じのセピア色です。

鈴なりに実がついて

小学校の校庭にあって、子どものころからお馴染みだった、げんこつをよくつくる樹はプラタナス。なぜかそれをポプラと教わったようで、ついこないだまでそう信じていました。

ポプラはもっと細長い姿をしている樹なんですね。ぜんぜんべつもの。

プラタナスは日本名が「スズカケの木」。
鈴のように丸い実が垂れ下がるから、ということで、今までそんなことに気づいたこともなかったけれど、きょうはみつけました♪

枯れ葉のまだ残るプラタナスを見上げると、いっぱい、小さな丸い実がぶらさがっていました。

platanus2.jpg

ナゲキバト

何年か前にうちのキッチン側に、よくつがいの野鳥が来ていました。
鳴き声にすごい特徴があって、

ほーほーほー

って優しい声で鳴くんです。それでたまに

ほーほーひー

ってうわずるんです。
そして、飛び立つ時に、
カカカカカ…
とちょっとけたたましくて
ひょうきんなやっちゃなーと思っていました。

薄茶色の地味な、そして顔立ちのやさしい鳥です。あちこち調べて、訊いて回って、やっと何と言う鳥なのかつきとめました。ハトの仲間なんです。分かってみれば、なるほど、よく見かけるハトに似た顔立ちです。

アメリカでは珍しくもない鳥ということで(期待したのに w)、“Mourning Dove”と言って、日本語名もその訳で「ナゲキバト」ということでした。名付け親には悲しんでいるように聞こえたんでしょうかねぇ。

お友だちになりたかったのですが、なにせアパートだし、誰も餌をやらないし、…ペット禁じられてるし…責任持てないし…なにもあげられない。。。もう、何年も来てくれません…と嘆いているのはわたしです。。。

ナゲキバトの声

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。