カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

明兔

クリックするとオシャベリします♪


☆ 重くなってきたので犬斗は元のブログへ戻しました

メロリン

クリックすると何かします☆w

ブログ内検索

お勧めサイト

・わたしの本棚見てみて~



・ハート・ディフェンス
なぜそんな所を利用するの?
どういう所か分かっているの?

ブログで掲示板で、悪質嫌がらせに遭ったら、ここに情報があるよ!
(画像をクリックしてジャンプ!)


・素材屋さん


参加サイト

もちろんランキングに繋がってるわけ
テヘ^-^;
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 ブログブログ ブログパーツへ

植樹に貢献?




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クイーン・シンフォニー

わたしがFMで聞いて気に入ったのはこれの第3楽章なんですけど、
最近、エリザベス女王さまは映画にもなっていたようだから、もしかしたらその関係?かとも思ったのだけれど、わたしはその辺は知りません。

新しい曲らしくて、midi はみつからないんだけれど、
こんなブログパーツがありました。
ほんのちょっとずつしか聞けないけど、全楽章さらっと感じをつかめます。

第3楽章は、静かなそれはそれはきれいな曲で、合唱は入ってません。
iTunes ストアにもなくて、アマゾンで第3楽章だけで$1.98でした。



Tolga Kashif(トルガ・カシフ)という人、現役で活躍中のロンドン生まれの音楽家なんですね。とても優秀な経歴の持ち主らしいです。

スポンサーサイト

ブラームスとサンタナ

ブラームスの交響曲第3番の第3楽章。
これもきれいな曲で、少し前にやっぱりFMで聞いて(聞き覚えがあったし)曲名を調べたところなのですが(覚えられないですけど^-^; だからこうしてブログに記録♪)、それからサンタナがこのメロディで曲をつくっていることにも気づきました♪

midiで表現するのは難しいようですけど(私は作り方知りません w;)、比較的優秀な仕上がりのものをようやくみつけましたので、どうぞ♪


提供元

そしてこれが、
ブラームスの第3の3をサルサにしてしまったサンタナ(のmidi版)。
"Love of My Life"。 アルバム "Supernatural" より。


提供元

ショパンのプレリュード第4番

プレリュード第4番ホ短調 Largo

これもラジオで聞いて、いいなと思って、曲についてグーグルしていたら、YouTubeにこんなものを発見♪



ショパンのプレリュード(前奏曲)24曲は、1836~1839年に作曲され、ショパンが尊敬していたJ. S. バッハの「平均律クラヴィーア曲集」に大変影響を受けているのだそうです。

ブラームスのハンガリー舞曲第3番

お馴染みFMクラシック局で聞きました。
HPに"Three Hungarian Dances" とあって、「3曲」かと思ってしまったけど、「第3番」の意味でした。

ブラームスはハンガリー舞曲を21曲も作曲していて、オーケストラ用にも編曲されて、1番や5番、7番はとても親しまれて、あまりにも有名です。

ハンガリーのジプシー音楽をもとに編曲したもので、もとは4台(最初の10曲は2台用)のピアノで連弾するように作曲されたのだそうです。


ハンガリー舞曲第3番 ヘ長調 アレグレット


提供は、www.classicalmidiconnection.com

ヨハネス・ブラームス(1833 - 1897)ドイツの作曲家、ピアニスト、指揮者。ベートーベンの後継者と言われている。

ドボルザークのメヌエット

最近のお気に入りは、この優しい曲です♪
これもFMでおぼえました。

弦楽のセレナーデ ホ長調 Op.22 より メヌエット

作曲家は、あの「新世界より」などを書いたドボルザークですけど、この作品は、彼が奨学金を得て結婚2年目にして安定した生活を保障された時期のものということで、それでこんな、聴くものを幸せな気分にしてくれる音楽なのですね♪

提供は、www.classicalmidiconnection.com

今日のラジオから♪

今朝はラジオでベートーベンの第7の2がかかったので、
わっ と思って聞き惚れてましたが、
これはリスナーからのリクエストで、日本人の名前だったので、
もちろん知らない人だけど、なんだかうれしくなりました♪


それから今日のラジオでは、
かなり前から気になっていた曲がまたかかったので、
今回は、しっかり局のサイトで曲名をゲットしてきました♪


なんか、風変わりな面白い曲なんですよ。
物語でもありそうな。作曲家はハンガリーの人だそうです。
コダーイ・ゾルターン。(姓・名の順)
KODÁLY, Zoltán (1882-1967) Hungarian

曲名が、“Háry János Suite "Intermezzo"”
組曲『ハーリ・ヤーノシュ』より間奏曲。
主題はジプシーの民謡ということで、なるほどな雰囲気。

提供は、www.classicalmidiconnection.com
ストーリーを調べてきました。
このハーリ・ヤーノシュという人はとても有名な伝説上の人物で、初老の農夫なんだそうですが、このヤーノシュが若い頃、軽騎兵としてナポレオン軍を打ち返したというほら話なんだそうです。面白そう。w

曲名分かってスッキリ

きのうスーパーで買い物中に、突然思い出した音楽。
別に最近聞いたというわけでもないのに。

だけど、誰の何と言う曲だったか思い出せない。


有り難いことに某質疑応答場所で、
ドーシー シドレードシシドド…
で分かってくれる人が現れてくれました♪

ベートーベンの交響曲第7番2楽章

提供は、www.classicalmidiconnection.com
わたしもベートーベンの交響曲だったはず、と思って
調べたんだけど、この曲、短調に聞こえるのに、長調なんだって。
だから見落としちゃったのよね。
ベートーベンの秘めた思いかなぁ、なぁんてね。。。


追記になりますが、せっかく記事にしたので、もう少し調べたことを書いておこうと思います。

この交響曲第7番 Op92 は、標題が付いていないので、「運命」なんかに比べると知られていないそうです。
でも、映画などに使われたりしています。
わたしも子どもの頃持っていた、映画音楽のカセットテープ(スターウォーズのテーマが入ってたw)に収録されていて、なんとなくよく聞いていて懐かしい曲なのです。なんかマイナーな映画に使われてたみたいです。
ウィキペディアを見ていたところ、カール・セーガンの「コスモス」でも使われていたそうで、あの番組も見てたから、知らずに聞いてたんですね。もっとも、それはどの楽章かが分かりませんけど。

この第7番は、音楽家たちからは様々な評価をされているそうで、ワーグナーは褒めたたえたらしいですが、ウェーバーは「彼は精神病院行きだ」と言ったそうだし、ワインガルトナーとかいう人は「他のどの曲より精神的疲労を感じる」と言ったそうです。

わたしも正直、精神を休ませる音楽ではないと認めます。
でも、好きなんだからしょうがない。困ったもんです。(苦笑)


これ…midiのせいか?かなり濁音というか不協和音のようなざらついた音が入ってますけど、本物で確かめないといけないけど、このバックに入る暴風雨のような効果は上手いと思うし、決してベートーベン溺れてないし、理性しっかりしてます。じゃなきゃ、こんなもの書けないと思います。


ほんの数日前に同じ曲のことを記事にしてるブログさんがありました。
YouTubeの画像付き♪(モネの絵のBGMとして使ってます)
▶「結構なお味で・・・」

ラジオで流れてた素敵な曲

このあいだ、ラジオでいいクラシックをいっぱい聴けて、
PIYOにひとり言のように書き留めておいたので、
それをここに、まとめてメモしておこうと思います。

・ブラームス「交響曲第三番」
 Johannes Brahms, Symphony #3 in F, Op.90
 映画で使われた。

・グリーグ「ペールギュント」
 Edvard Grieg, Peer Gynt: Suite #1
 Anitra's Dance

提供は、www.classicalmidiconnection.com

・エデ・ポルディニ「踊る人形」
 Eduard Poldini (arr. Kunzel), The Dancing Doll
 Played by Cincinnati Pops/Robert McDuffie, violin/Erich Kunzel, conductor
 とてもかわいらしい曲。

・ブラームス「ハンガリアン舞曲」
 Johannes Brahms, Hungarian Dances #4, 5, 7
 Orchestra Vienna Philharmonic, Conductor Claudio Abbado
 一番有名なのは5番。


・Title: Los Caujaritos
 Composer: Ignacio Figueredo
 Primary Soloist: John Williams, guitar
 スパニッシュ・ギター。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。